美白化粧水

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング

美白化粧水で効果を出すなら「浸透力」に注目!
  • 美白化粧水を使っているのに、くすみが取れない
  • 1ヶ月以上使っているのに、何も変化を感じない
透明感を求めてスキンケアしているのに、1か月以上何も変化がないのはつらいですよね。

こんな時、実は美白成分が、浸透出来ていない可能性があります。

美白化粧水を使う前に・・・デメリットも知っておこう

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング

シミやくすみが気になる肌に便利な美白化粧水ですが、使うにあたってデメリットを感じる方もいます。
  • 美白化粧水で肌がピリピリする
  • 乾燥してしまう
など

美白成分の中にはハイドロキノンやトレチノイン(レチノール)のように刺激が強いものや、ビタミンCのように皮膚を乾燥させるものもあります。

過去には、白斑(皮膚の色素が抜けて白くなってしまう)被害が出たカネボウの化粧品などもあります。

もちろん現在は、極力、刺激を与えないように作られている美白化粧水も多いですが、生理前や季節の変わり目に新しい美白化粧水を使う際はパッチテストを使うなど、注意してくださいね。

当サイトでは、保湿力があり刺激も少ないものを選んでお伝えしていますが、もし皮膚に赤みやかゆみが出たらすぐに使用をストップしてください。

美白化粧水を使っているのに効果を感じない!?美白成分が浸透しない原因

@自分に原因がある場合と、A美白化粧水そのものに原因がある場合。この2つのケースが考えらえます。

@自分に原因がある場合

  1. 皮膚が乾燥している
  2. 皮膚が冷えている
  3. 古い角質が溜まりごわついている
上記3つとも、もともとの肌質にも左右されますが、加齢でも起こりやすくなります。

対処としては、保湿をしっかり行う、入浴や運動などで冷えを防ぐ、ピーリングなどを行うといった方法があります。

A美白化粧水そのものに原因がある場合

  1. 美白成分が乾燥を招いている
  2. 浸透力が低い
  3. 添加物が多く(特に防腐剤)、美白成分が入っていきにくい

乾燥すると美白どころか、シミやくすみを招きます。また浸透していかない美白化粧水では、やはり効果は半減。そして、せっかくの美白成分も添加物が多いと、邪魔になり肌への浸透を妨げます。
特に防腐剤は、成分の浸透阻害する力が強いです。防腐剤を完全に無くすことは難しいですが、化粧品を選ぶ際は、フェノキシエタノールのような自然界にも存在する成分がおすすめです。

浸透力の高い美白化粧水の選び方3つのポイント

保湿力の高いもの
浸透技術に優れているブランド
無添加(極力、添加物を配合していないもの)

この3条件のうち2つをクリアしているもの。または最低でも1つに当てはまるものを選ぶことが重要です。

下記に上記ポイントをクリアしたものを載せたので参考にしてくださいね。

肌が変わるのを実感できる!?人気の美白化粧水ランキング


ビーグレンホワイトケア/QuSomeローションの特徴
完全無添加ではないですが、成分はシンプル。防腐剤には無添加化粧品にも配合されるフェノキシエタノールを使用。
  • 化粧水が一番効果を発揮しやすい箇所に浸透できる技術を採用
  • 潤う持続時間は17時間
  • 最新型ビタミンC誘導体配合で美白も保湿も可能
高保湿
浸透技術
無添加
ビーグレンホワイトケア/QuSomeローションの総評
ビーグレンのQuSomeローションは一度肌に乗せると17時間肌にとどまり保湿を続ける高機能化粧水で、高保湿!シミやくすみ、メラニン生成を抑える効果だけでなく、しわ、毛穴ケア、乾燥、ハリにもアプローチします。ビーグレンのすごい所は、化粧水やクリームなど、アイテムごとによって浸透する深さを変えていること。肌の奥深くまで浸透し、成分を放出し続けるので、朝つけると、奥深くから湧き上がってくるような弾力を実感する人もいます。寝る前につければ、翌朝の肌のトーンアップも実感できるかもしれません。ビーグレンの他のホワイトケア製品の効果を高めるので、スキンケアの基盤として多くの女性から選ばれているホワイトケア化粧水です。

ビーグレンホワイトケア/QuSomeローションの口コミ

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
乾燥肌・敏感肌/30代

 

良い口コミ:乾燥敏感肌でも潤い続けるのがすごいです。効果のある成分を基本にごちゃごちゃ余分なものが入っていないのが良いですね。使えば使うほど透明感を感じるので1年を通して使っています。

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
混合肌/30代

 

悪い口コミ:肌ざわりが変わり、とても良いホワイトローションだと思います。でも自分には贅沢で高保湿すぎるかな。ニキビの気配を感じ使うのをやめました。

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
乾燥肌/40代

 

良い口コミ:テクスチャーもさっぱりしすぎず、とろっとしすぎずなので、着け心地が良いです。重ねづけをしなくても潤うので、安い化粧水をばしゃばしゃ使うのと比べてもコスパが良く感じます。

アスタリフトホワイト/ブライトローションの特徴
防腐剤には無添加化粧品にも配合されるフェノキシエタノールを使用。
  • 富士フイルムの浸透技術を採用して角層のすみずみまで浸透する
  • 抗酸化力の高いアスタキサンチンが日焼けをしにくくする
  • 4種類の保湿成分で美白も保湿も可能
高保湿
浸透技術
無添加
アスタリフトホワイト/ブライトローションの総評
古いシミに働きかけるとして話題となったアスタリフトホワイトのブライトローションは一流芸能人がCMをしていることでも知名度が高い商品の一つです。肌に溜まったメラニンの発生を抑える白ブドウ発酵エキスやメラノブライト、グレープフルーツエキスと融合させてより肌へ取り込みやすくしたアクティブビタミンCなどの有効成分が含まれています。ほのかにバラの香りが漂うオレンジ色の化粧水は美白有効成分アルブチンを配合し、高保湿!このアルブチンはメラニンの生成を抑えてくれるので、シミやそばかすを予防してくれます。また美白成分だけでなく、潤い保湿成分が4種類も配合されているので、奥深くまでどんどん浸透していくのを実感するでしょう。肌環境を整える美容成分も配合されているので、すでに肌トラブルを抱えている人にもおすすめです。シミやくすみのないトーンアップした身体を手に入れることができます。

アスタリフトホワイト/ブライトローションの口コミ

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
乾燥肌/40代

 

良い口コミ:紫外線に強いアスタキサンチンが入っているからか、日焼け自体をしにくくなったように感じます。美白化粧水をアスタリフトにかえてから肌が綺麗とよく褒めらます。

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
混合肌/30代

 

悪い口コミ:乾燥肌向きの美白化粧水だと思います。なじむのに少し時間がかかるので、朝が忙しい私には使いづらい時もあり、主にナイトケア用です。

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
敏感肌/50代

 

良い口コミ:ローズの香りが癒されます。透明感にも良いですが、ハリ感も感じます。以前と比べて肌自体が強くなったような気もします。

ファンケル無添加ホワイトニング/ホワイトニング化粧液の特徴
防腐剤不使用!そのため開封後は1ヶ月で使い切ります。
  • 美白を邪魔する添加物を含まないから効果が出やすい
  • すでにあるシミやくすみにも、白ブドウ発酵エキスとメラノブライトが働きかける
高保湿
浸透技術
無添加
ファンケル無添加ホワイトニング/ホワイトニング化粧液の総評
添加物は化粧品を腐らせないため必要なものですが、美白成分を阻害するデメリットがあります。ファンケルは完全無添加を実現し、美白成分の浸透を妨げる添加物を配合していません。ファンケル無添加ホワイトニングローションは、同じ美容成分を配合しているさっぱりタイプとしっとりタイプがあります。化粧水だけの力に頼らず、肌本来が持っている再生力を活性化させながら美白に導いてくれるのが特徴です。また無添加というだけあって、優しく、敏感肌の人でも使用することができます。アクティブビタミンCというビタミンCの働きを活性化させる美白有効成分が配合されており、メラニンの生成を防いでくれます。また白ブドウ発酵エキスとメラノブライトという成分が、すでにあるシミやくすみに反応し、分解してくれるので、シミやくすみを改善する効果もあります。

ファンケル無添加ホワイトニング/ホワイトニング化粧液の口コミ

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
乾燥敏感肌/40代

 

良い口コミ:母(70代)、私(40代)、娘(20代)と3世代に渡ってファンケルを使っています。添加物を含まないので、特に70代の母は透き通った美肌で親戚にいつも褒められるほど。安心して使えるのが良いですね。

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
乾燥肌/30代

 

悪い口コミ:乾燥肌の私にはもうちょっと保湿力が欲しいです。

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
乾燥肌/30代

 

良い口コミ:ファンケル無添加ホワイトニングローションはコスパが良いので続けやすいです。開封しなければ消費期限も余裕があるので、まとめ買いしています。

エリクシールホワイト/ホワイトクリアローションCの特徴
防腐剤には無添加化粧品にも配合されるフェノキシエタノールを使用。
  • コスパの良い美白化粧水
  • 保湿力があり乾燥肌でも使いやすい
高保湿
浸透技術
無添加
エリクシールホワイト/ホワイトクリアローションCの総評
資生堂のエイジングケアラインであるエリクシールのクリアローションCは「つや玉」の肌を手に入れることができる化粧水です。美白に導くのはもちろんのこと、ツヤと弾力を再生させてくれ、みずみずしく若々しい肌を手に入れることができます。美白成分として採用されているのは4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)で、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすができてしまうのを防いでくれます。さっぱり・しっとり・とてもしっとりという肌質によって選べる3つのテクスチャーがありますが、資生堂が開発した技術によって、それぞれの皮膚に合わせて適切な深さまで美容成分を届けてくれます。エコでお得な詰め替え用も用意されているのでコスパもいいです。

エリクシールホワイト/ホワイトクリアローションCの口コミ

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
乾燥敏感肌/20代

 

良い口コミ:アラサーになり、にごった顔色が気になっていましたが、1週間ほどで顔がぱぁっと明るくなりました。ややとろみがありますが、浸透がよく使いやすい化粧水です。

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
混合肌/30代

 

悪い口コミ:ホワイトクリアローションCのとろみが少し苦手です。ただ、ニキビ跡に良かったみたいで、目立たなくなりました。

サエル/ホワイトニングローションの特徴
肌荒れを防ぐ成分入りで、敏感肌でも安心
高保湿
浸透技術
無添加
サエル/ホワイトニングローションの総評
浸透性保湿成分であるウォータリーモイスチャーを配合していることで、肌への美白・美容成分の浸透力を高めることに成功したのがサエルのホワイトニングローション クリアリストです。公式HPでは実験画像も紹介されていますが、このウォータリーモイスチャーを配合しているというだけで、肌の浸透力がかわってきます。美白有効成分としてはメラニンを還元する効果のあるビタミンC誘導体を配合しています。ビタミンC誘導体は、黒くなってしまったメラニンを分解する効果があり、使い続けているうちに気になるシミやくすみも改善へと導きます。また荒れた肌の環境を整えるグリチルリチン酸2Kも配合されています。使用している成分や製法も安全性が高いため、妊娠中の方や肌の弱い方でも安心して使えます。

サエルの口コミ

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
乾燥敏感肌/20代

 

良い口コミ:今まで美白をすると間違いなく皮膚トラブルを起こしていた私が初めて使えた美白化粧水です。保湿力もあり助かります。

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
乾燥肌/30代

 

悪い口コミ:美白の即効性は感じません。今の状態をキープする為のローションかなと思います。

浸透力が高いからコレ1本で違う!使い続けたい美白化粧水ランキング
乾燥肌/30代

 

アルブチンやセラミドナノスフィアといった効果的な成分の配合で実感できる美白ケアを後押しします。

アルコールフリーなので肌が敏感な女性にもおすすめしたい美白化粧水で、ベストコスメ賞などさまざまな賞を受賞している製品です。

ビーグレンホワイトケアがおすすめ!

ビーグレンホワイトケア

  • 化粧水が一番効果を発揮しやすい箇所に浸透できる技術を採用
  • 潤う持続時間は17時間
  • 最新型ビタミンC誘導体配合で美白も保湿も可能
数ある美白化粧水の中で、ビーグレンホワイトケアのQuSomeローションが選ばれている理由は、トライアルセットの段階で何かしらの変化を感じる人が多いから。17時間という驚異の効果の持続力は、寝ている間に、きめの整った肌へと導きます。また、朝つければ1日中効果が持続するので、常に潤いのあるみずみずしい肌をキープすることができるのです。アクアタイドという古いメラニンを分解して排出し、新たなメラニンの生成を抑えてシミを予防する成分が配合されているので、美白ケアにもかなり効果があるうえ、ビタミンC誘導体も配合されているので、シミを薄くする効果も期待できます。

また角質内のセラミドをサポートする成分も配合されており、セラミドが強化されることで肌のバリア機能がアップします。バリア機能がアップすると紫外線からのダメージを軽減できます。たった1本に美白肌へ導くための様々な成分が入っている優秀美白化粧水がビーグレンホワイトケアのQuSomeローションなのです。

当サイトの評価基準

3つのポイントを5段階評価しています! 星4以上が2つあれば、浸透力評価クリアになります。
高保湿
浸透技術
無添加

美白化粧水で期待できる効果

キメを整え透明感を与える
皮膚の一番外側にある表皮。この表皮の中にある角層が十分潤っていることが、キメ、さらに透明感を大きく左右します。

それだったら、美白というよりも保湿が重要なのでは?と感じる方もいるかもしれませんね。

実際のところ、透明感を出すのに保湿だけでも十分な方もいます。特に乾燥が原因で、顔や身体がくすんでいる人は、保湿を十分行うだけで、まるで美白化粧品を使ったように、白く透明感が出る方もいます。

当サイトでは、美白化粧水にも「保湿力」が大切だとお伝えしているのは、こういった理由からです。

日焼けや加齢により、顔や身体がくすんでいる場合は、保湿力に加えて美白成分が入った化粧水を使うとさらに効果的です。

シミ、くすみを予防する
美白化粧水だけでなく、薬事法で美白化粧品に求められている効果は、メラニンの生成を抑え、シミやくすみを予防することです。

美白成分により、メラニン生成を抑えるプロセスは様々ですが、いずれもシミやくすみが悪化しないように働きかけてくれるものです。

では、今あるシミには効果がないの?

というと、そんなことはありません。

今あるシミのケア、日焼け後のケアをする
すでに出来たシミにも、個人差はありますが、ある程度期待できます。

特に出来立てのシミや日焼け後に、丁寧に美白化粧水を使ってあげると、保湿+ターンオーバーの促進+美白成分により、皮膚がだんだん落ち着いてくるのが感じられるでしょう。

美白化粧水の浸透を高めるために自分でもできる3つのこと

せっかく美白化粧水を使うなら、最大限効果を発揮してほしいですよね。

美白化粧水自体が優れていても、それを受け入れる自分の土台が整っていないと、効果は半減してしまいます。美白化粧水の浸透がイマイチだな・・・と感じる時は、ぜひ次の4つの方法を試してみてください。

化粧水を使用する前に蒸しタオルを使う
最も簡単で効果的な方法です!化粧水が浸透しにくい皮膚は、ごわごわと固いことがほとんど。その理由は冷えからくる乾燥や、本来剥がれるべき角層がたまって固くなっているからです。エステではフェイシャルコースに入る前に、蒸気を顔にあてますが、これはこわばった皮膚をほぐして、化粧品を浸透させやすくするためです。同じ効果が蒸しタオルにはあるので、浸透力をあげたい方は、ぜひ取り入れてみてください。もちろん、蒸気の出る美顔器を使ってもOKです。
ピーリングをする
年齢と伴にターンオーバーが遅れると、剥がれるべき角質がたまって、成分が浸透しづらくなります。それを解消してくれるのがピーリング。でも、ピーリングというと乾燥肌や敏感肌さんは、皮膚を傷めないか心配になりますよね。ピーリングにもいろいろな種類があり、マイルドなピーリング作用があるのが、ビタミンC。毎日使っても問題のない優しい成分です。上記でご紹介したビーグレンのホワイトケアの中には、シミやくすみに使えるビタミンC美容液が含まれていますが、このビタミンC美容液にもマイルドなピーリング作用があります。他の美白化粧水やクリームなどと一緒に使うと、効果的な美白ケアができます。
美白化粧水のパックをする
美白化粧水でパックすることもおすすめです。この時も、蒸しタオルなどで肌をほぐしておいてあげると、さらに効果的です。コットンやシートでパックした後、ラップで覆い蒸発を防ぐとより浸透が高まります。パックの際に注意したいのは、時間を置きすぎること。コットンやシートが乾燥するまで使うと、かえって肌の乾燥を招き効果がなくなります。目安としては、顔がひんやりする程度。3〜5分です。

購入前に知りたい!美白化粧水は何を基準に選べばよい?

自分に合ったものを使い続けることが大切ですが、目安となるのは次の3つです。
  1. 美白成分が配合されていること
  2. 保湿力があること
  3. 浸透力が高いこと
美白成分:迷ったら国が認めた成分を選ぼう
美白成分の数は本当に数多くあります。その中でも、国(厚生労働省)が認めた美白成分があり、迷った時は参考にするとよいでしょう。美白化粧水を自分でチェックした時に、「医薬部外品」「薬用」と書いてあるものが国が認めた美白成分なので、チェックは簡単です。
ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、4MSK、カモミラET、トラネキサム酸、t-AMCHA、m-トラネキサム酸、TXC、マグノリグナン、リノール酸
この中でも、特によく使われるのが、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸です。中でもビタミンC誘導体は、シミ予防の他、出来てしまったシミにも使えるので便利です。

保湿力があるものが絶対におすすめ
保湿が物足りないと、どんなに美白をしてもシミやくすみの悪化を招きます。白くキープされた肌というのは、バリア機能が強固ですが、乾燥するとバリアを構成する角層がボロボロの状態になるんですね。

もし、お使いの美白化粧水で顔や身体が乾いてしまう・・・という時は、乳液やクリームでぜひ潤いを補ってあげてくださいね。

浸透力にも注目しよう
化粧水の浸透に必要なのは、浸透技術と美白成分を阻害する添加物が含まれていないこと。

当サイトでは、浸透力で美白化粧水を評価しているので、参考にしてくださいね。

美白化粧水の使い方

美白化粧水は何歳から使えばよい?


20代の前半であれば、特に美白専用のスキンケアをしなくても、保湿だけで巻き戻せます。

個人差はありますが、20代後半から30代くらいから美白化粧水を使うと良いでしょう。

若いうちから美白化粧水を使った方が、将来も綺麗・・・という意見もありますが、むしろ日焼けの影響を受けにくい肌作りをする方が大切です。

それには、保湿を丁寧に行ってバリア機能の低下を防ぐことを、日々積み重ねていくことをおすすめします。

もちろん若いうちから美白化粧水を使うのも良いですが、20代後半以降からでも遅くはないですよ!

美白化粧水は一年中使った方がよい?

これは皮膚科の先生でも意見が分かれます。

ひどい乾燥肌、敏感肌の人であれば、肌バリアの回復が先になるので、秋冬は保湿優先で、春夏だけの美白コスメ使用で問題ありません。

冬にも美白化粧水を使う方は、保湿力の高いものを選ぶようにしてくださいね。

美白化粧水は手で使う?コットンで使う?

基本的には「手」を使うことをおすすめします。コットンでも良いのですが、強く肌にあたると摩擦が起きて、シミの原因になるからです。

シミは、日焼けや加齢だけでなく、洗顔やコットンなど摩擦による炎症でも起こります。

手を使うにしても、コットンを使うにしても優しく、刺激を与えないようにしてくださいね。
紫外線は常に降り注いでいますから、いくらUVケアをしていても、完全にブロックできるということはありません。美白化粧水というのは、メラニンの生成を抑え、シミやくすみを防ぐ他、すでにあるメラニンを分解する美白成分が配合されています。しかし、美白成分だけでは、その効果が肌の奥深くまで届くことはありません。この美白成分を余すことなく届けるためには、化粧水のもつ浸透力と保湿力が必要になってきます。浸透力が高ければ、奥深くまで届きます。またいくら浸透力があっても乾燥している状態ではうまく浸透しません。この3つの力のバランスが取れた化粧水こそが、優秀な美白化粧水です。

その他の美白化粧品

アンプルールの「ラグジュアリーホワイトローションAO」

美白ケアを重視したドクターズコスメブランドとして有名なアンプルールの自信作で、この製品の得意とする美白分野は「シミへの対策」と「くすみを取り去り肌のトーンを上げる」ことです。美白とともにしっかりと潤いを維持することに着目し、保湿力に優れたセラミドを贅沢に3種類配合しているのも特徴です。ドクターズコスメならではの仕様時の安心感と品質の信頼性も評価が高い理由となっています。

ポーラのホワイティシモ薬用ローションホワイト

メラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体を始め、甘草エキスやクジンエキスクリアなどを融合し、開発したオリジナル複合成分が含まれています。

肌の奥の角層までしっかり有効成分が届き、瑞々しく白い肌作りをサポートしてくれる美白化粧水として評判です。

アルビオンの薬用スキンコンディショナー

1974年の誕生以来、「スキコン」の愛称で親しまれている、超ロングセラー化粧水で、有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムです。グリチルリチン酸ジカリウムは高い抗酸化作用が期待できますから、使用していくことでお肌のキメを整え、透明感のある素肌を取り戻すことができます。美白化粧水選びは内容成分をよく調べて、効果があるものを選んでください。ニキビ肌に悩んでいる人におすすめする美白化粧水です。
美白化粧水を選ぶ際は、より高い美白効果を得るために医薬部外品と記載されたものがよいでしょう。厚生労働省が認定している美白成分とはビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、ルシノール、カモミラETなどがありますから、それらの美白成分が配合されていて、かつ自分の症状や年代に合っており、一定の効果が認められていることがわかる美白化粧水を選ぶようにしましょう。厚生労働省が許可した美白有効成分が、定められた基準内でより高い濃度で配合された化粧水だからです。他の美白化粧水と比べるとやや価格は高いかもしれませんが、効果があまり期待できない安い化粧水よりは美白効果が期待できます。シミやそばかすを早めに予防したり、薄くするという意味では効果はあります。
page top